M&A速報

イーピーエス<4282>、ソフトウエア開発の中国青島恒遠天地軟件技術を子会社化

2008/04/25

イーピーエスは子会社を通じて、ソフトウエア開発事業を手がける中国の青島恒遠天地軟件技術有限公司(青島市。売上高1億3000万円、営業利益7300万円、純資産1億1400万円)の所有権を取得し、子会社化すると発表した。

イーピーエスは2008年4月25日付で同社の所有権33.4%を取得しており、役員を3名非常勤で派遣する。また、3カ月以内に増資を10%以上引き受けることで比率は40%超となる。

青島恒遠天地軟件技術は中国の税制優遇策の一つであるハイテック企業の認定を受けており、イーピーエスの子会社、オーライソフトウェア(東京都新宿区)の協力会社として5年以上のオフショア開発(海外への開発の委託)の実績を持つ。イーピーエスは同社を取得することで、ITサービスの業務拡大とオフショア開発の強化を目指す。

取得価額は約2620万円。

M&Aデータベース

関連の記事

急増する上場企業のMBO、半年で前年に並ぶ11件

急増する上場企業のMBO、半年で前年に並ぶ11件

2021/06/24

2021年の上場企業によるMBO(経営陣による買収)が11件となり、半年足らずで前年の件数に並んだ。このままのペースでいけば、年間件数は2011年以来10年ぶりに20件を超える勢いだ。ただ、投資ファンドが介在するケースは前年5件だったのに対し、今年は現時点で3件にとどまる。

【5月M&Aサマリー】68件、4カ月ぶりに前年下回る|青森・福井で地銀再編が具体化

【5月M&Aサマリー】68件、4カ月ぶりに前年下回る|青森・福井で地銀再編が具体化

2021/06/07

2021年5月のM&A件数は前年同月比2件減の68件となり、1月以来4カ月ぶりに前年を下回った。国内案件は堅調に推移したものの、海外案件が7件と前年(13件)に比べて半減した。取引金額は総額2818億円と前年の1391億円から倍増した。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5