自重堂は、中国で繊維製品の縫製加工事業を手がける昆山自重堂時装有限公司(昆山市。売上高1億7100万円、営業利益△4400万円)の全所有持分60%を、同社に8%を出資している昆山市鹿成実業有限公司(昆山市)に譲渡することを決議した。

昆山自重堂時装は自重堂のユニフォーム部門の生産力向上を目的に設立されたが、人民元の高騰や中国における人件費の上昇などにより、当初想定した効果が期待できなかくなっていた。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2008年5月30日。