ビスケーホールディングスは婦人服販売会社のユーロモーダ(東京都港区。売上高17億3000万円、営業利益△5570万円、純資産△1億4200万円)の全株式(所有割合51%)を、高級服地輸入販売会社の三喜商事(東京都千代田区)に譲渡することを決議した。

ユーロモーダは1999年設立。ビスケーホールディングスは2004年に子会社化しインポートブランド事業の軸とて運営してきた。ここ数年のユーロ高の影響による販売価格の高騰や消費動向の多様化などでユーロモーダは経営環境が悪化しており、経営改革の一環として譲渡を決めた。

譲渡価額は0円。譲渡予定日は2008年3月25日。