SOX法

SOX法
SOX(ソックス)ホウ、サーベンスオクスリーホウ

サーベンス・オクスリー法の略称。

正式には「Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002(上場企業会計改革および投資家保護法)」という。

米国の不正会計問題に対処するため、企業会計の信頼性を高め、内部統制を強化することを目的に、企業経営者の責務と罰則を定めた米国連邦法。

日本でも米国SOX法に影響を受け、上場企業及びその連結子会社に対し、会計監査制度の充実と企業の内部統制強化を義務付ける規定(日本版SOX法、J-SOX)が金融商品取引法に盛り込まれ、2008年4月から適用された。

※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」