合併対価の柔軟化

合併対価の柔軟化
ガッペイタイカノジュウナンカ

会社法の施行によって新たに認められた合併手法。

従来は吸収合併の際、消滅会社の株主に交付できる財産は存続会社の株式に限定されていたが、これが緩和され、例えば親会社の株式・社債・現金その他が認められるようになった。

関連用語
合併
※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」