インカムアプローチ

インカムアプローチ
インカムアプローチ

企業買収における主たる企業評価方式のひとつで、収益価値を基準とするアプローチのこと。将来獲得されるリターン(利益、キャッシュフロー、配当)を現在価値に還元評価し、企業価値・事業価値を算定する。

M&Aの際の評価方法としてはポピュラーな評価方法である。

代表的なものは「DCF(ディスカウンテッド・キャッシュフロー)法」であり、評価対象企業の将来キャッシュフローにリスクを反映させた割引率を適用し算定する。ほかに「収益還元法」や、「モンテカルロDCF法」、「リアルオプション法」等が含まれる。

関連用語
コストアプローチマーケットアプローチDCF法ロイヤリティ免除法
※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」