類似取引比準法

類似取引比準法
ルイジトリヒキヒジュンホウ

類似取引比較法ともいう。評価対象企業と事業の種類が同一または類似する複数の上場企業のM&Aの取引額から算出される利益倍率に比準してその取引の価額を算定する方法。

買収プレミアムが加味されることから類似会社比準法に比べて高くなることがある。

関連用語
類似会社比準法
※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」