ファイナンシャルバイヤー

ファイナンシャルバイヤー
ファイナンシャルバイヤー

プライベートエクイティ・ファンド等のM&Aファンドが買い手となる場合、事業会社を「ストラテジックバイヤー」と呼ぶことからそれらと区分しての呼称。株式取得後、経営関与し、企業価値の向上後に株式売却により利益を上げることが目論見。

一般にファンドの期限は5年から10年とされているが、早期に転売した方が内部収益率(IRR)が高くなり、ファンドの運用成績の見栄えが良くなる。このため、ファイナンシャルバイヤーは構造的に短期での転売に走りやすく、必要な設備投資を先送りしたり、資産売却を行ったりして資金回収を急ぐ傾向がある。したがって、ファイナンシャルバイヤーからの転売案件では買収後に必要となる設備投資がないかチェックしておく必要がある。

関連用語
ストラテジックバイヤー
※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」