D/Eレシオ

D/Eレシオ
DEレシオ(デットエクイティレシオ)

企業健全性をはかるために用いられる指標のひとつ。

企業の資金源泉のうち、負債が資本の何倍に当たるかを示す指標で、この数値が低いほど財務内容が健全とされる。負債(Debt)を株主資本(Equity)でまかなうことを望ましいとする考えに基づき、長期の支払い能力を表すときに使われ、特に社債の格付けで重視される。

一般に、

「有利子負債(短期借入金、長期借入金、普通社債、転換社債)÷株主資本」

で表されるが、

広義に、負債(他人資本)を分子に用いた

「負債÷株主資本」(=「負債比率」「負債資本比率」)

より厳密に狭義には、ネット有利子負債を分子にした

「(有利子負債-現預金)÷株主資本」(=「ネットD/Eレシオ」)

で表されることもある。 

※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」