CAPM

CAPM
CAPM(キャップエム)

投資家が株式(などのリスク資産)に期待するリターンが形成される過程を明らかにした理論。企業評価で使用する割引率を算定する際の理論として広く活用されている。

期待リターンはリスクフリーレートにマーケットリスクプレミアムにβを乗じた値を加えて算出される。1960年代にW・シャープとJ・リントナーらによって完成された理論である。

CAPMに基づいて求めた資本コストでキャッシュフローを割引くことでリスクを勘案した株式の評価が可能。

※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」