ブラックショールズモデル

ブラックショールズモデル
ブラックショールズモデル

理論上のオプション価格を算定する計算式のこと。上場企業の株式が発行するオプションの評価に用いられる。ブラックショールズモデルの本質は、本源的価値に確率と時間の要素を加味したものである。

アメリカの経済学者フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案し、ロバート・マートンが1997年に完成させた。

数式: ブラックショールズモデル

※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」