100%減資

100%減資
100パーセントゲンシ

会社が発行する株式のすべてを消却すること。会社法施行前までは、強制消却(株式を株主の手元に置いたまま消却する)によって発行済み株式の全部(100%)を消却することで減資を行っていた。

現在は強制消却の手続きはなくなり、株式の消却は「自己株式の消却」とし、「株式の消却」と「資本の減少」は別の手続きとなり、「100%減資」の手続きは「発行済み株式の全てを一旦、全部取得条項付種類株式に変更し、その全部取得条項付種類株式を無償で取得する手順に変更された。

減資と増資を組み合わせる(株式会社の既存の全株主を株主からはずしたうえで新しい出資者に出資させること)ことで、100%減資を企業再生のスキームで用いることも多い。

※ご注意
  • 追加して欲しい用語がございましたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。掲載については当社にて判断させていただきます。
  • 当サイトに掲載されている用語集より引用する場合は、必ず出典元およびURLを記載してください。
    例:「M&A Online 用語集(https://maonline.jp/glossaries)」