三井不動産<8801>は56.34%の株式を保有する子会社の三井ホーム<1868>をTOBで完全子会社化することを決めた。今回のTOBで株式数が決議権の3分2以上に達すればTOBを実施する。TOBが成立しても株式数が100%に満たない場合は、二段階買取などを実施し、完全子会社を目指す。三井ホームは今回のTOBを受け入れ、株主にも推奨することを決めた。

三井ホームの成長には大規模木造施設の請負拡大や富裕層の顧客開拓、さらには北米での事業育成などが不可欠なものの、同社が上場企業であり、少数株主が存在する状況では、迅速な経営判断を行うのが難しいと判断。完全子会社化して上場を廃止することにした。

買付価格は1株980円で、TOB公表前日の終値に対して25.16%のプレミアムを付けた。買付期間は2018年8月6日から9月18日まで。