芙蓉総合リース<8424>は、中古医療器機器の解体・撤去から買い取り・販売までを手がけるFUJITA(東京都港区)の株式を追加取得し、連結子会社化(出資比率は51%)すると発表した。

芙蓉総合リースは2016年12月にFUJITAと資本業務提携した。以降、顧客や営業網の相互紹介、リース終了後の中古医療機器の買い取り・販売などで幅広い営業連携が着実に実現していることを踏まえ、子会社化によって一層のシナジー(相乗効果)が期待できると判断した。

株式取得価額は非公表。

株式取得予定日は2018年4月1日。