金属やプラスチックなど資源リサイクルを主力とするエンビブロ・ホールディングス<5698>は、リサイクル・廃棄物処理を手がけるリバーホールディングス(東京都千代田区。資本金15億6300万円)が実施する第三者割当増資を引き受けることを決議した。

両社は2014年12月に包括業務提携し、リサイクル事業を取り巻く環境変化への対応を主眼に定期的に分科会や勉強会を行ってきた。エンビブロHDは今後、両社の関係をより強固にし、資源リサイクル分野の発展を期して株式を取得する。リバーHDは2009年設立で、現在は官民出資の投資ファンドである産業革新機構が大株主となっている。

株式取得価額は2億500万円。ただし、取得株式数などは未公表。

第三者割当増資払込日は2018年1月31日。