八千代工業(株)(以下「ヤチヨ」)は、完成車事業(売上高365億円、資産89億5000万円、負債22億4000万円)を自社から分割し100%出資子会社となる新設会社に承継させた上で、同新設会社の全株式を本田技研工業(株)(以下「Honda」)へ譲渡すると発表した。

Hondaは、軽自動車に関する事業の強化に向け、ヤチヨの四日市製作所をHondaの事業戦略と迅速かつ柔軟に連携させ、技術力や技能等を有効活用し、Hondaグループの軽自動車事業の進化と自動車の電動化等に伴う新技術/新機構に対応していく考えであるとのこと。このような状況のもと、Hondaからヤチヨに対し、完成車事業の取得に関する提案があり、ヤチヨは、完成車生産が減少する中、完成車事業で培った従業員の技術・技能・経験がHondaグループ内で有効に活用される提案であり、また、部品事業への経営資源の集中をさらに進めることが成長と企業価値向上につながると判断し、完成車事業をHondaに譲渡することとしたとしている。

吸収分割契約締結予定日は2018年1月9日。

吸収分割効力発生予定日は2018年3月1日。

株式譲渡価格は68億円。

株式譲渡予定日は2018年4月2日。