M&A速報

オーシャン、東栄リーファーライン<9133>を公開買付けにより子会社化へ

2017/11/08

オーシャン(以下、「公開買付者」)は、東栄リーファーライン(以下、「対象者」)の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。

公開買付者は、本公開買付けを通じた対象者株式の取得及び保有等を目的として、平成29年9月7日付けで 設立された株式会社であり、平成29年11月8日現在、対象者の代表取締役である河合弘文氏、取締役である鍋島嘉六氏、若木章氏、本田英樹氏及び王瑞斌氏(以下、これらの5名を総称して「経営者株主」という。)がその発行済株式の全て(各2,000株ずつ、合計10,000株)を所有している。なお、平成29年11月8 日現在、公開買付者は対象者株式を1株(所有割合:0.00%)所有している。

なお、本取引は、マネジメント・バイアウトに該当し、公開買付者及び対象者の代表取締役を兼務 する河合弘文氏をはじめとする経営者株主は、本取引後も継続して対象者の経営にあたることを予定している。

関連の記事

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

2018/03/02

東証の「適時開示」ベースで、2月の買収案件(グループ内再編は除く)は53件となり、前月より8件増えた。IN-OUT型M&Aが9件あり、コシダカホールディングスは女性向けフィットネスの米カーブスを約185億円で傘下に収める。

「東栄リーファーライン」TOBが仕切り直し…旧「村上ファンド」勢も今度は賛同

「東栄リーファーライン」TOBが仕切り直し…旧「村上ファンド」勢も今度は賛同

2018/02/09

マグロ運搬船を運航する東栄リーファーラインをめぐるTOBが仕切り直しとなった。現経営者によるMBOだが、前回は株式が集まらず、TOBは不発に。それからひと月。買付価格を1株800円と約3割引き上げての再トライ。気になる旧「村上ファンド」勢の動きは?

東栄リーファーライン MBO失敗の原因を考える

東栄リーファーライン MBO失敗の原因を考える

2018/01/29

東栄リーファーライン<9133>のMBOが不成立となった理由はなぜか。募集価格の算定が甘かったとは決して思わない。旧村上系ファンドの介入が、結果として株価が非常に割安でまだ将来的な成長が十分に見込めると多くの株主が思ったからではないか。

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

M&A速報検索

クリア