近鉄グループの持ち株会社であるKNT-CTホールディングス<9726>は、連結子会社である近畿日本ツーリスト(以下KNT)(売上高1,007億、営業利益5億、純資産27億)、および近畿日本ツーリスト個人旅行(以下KNT個人)(売上高686億、営業利益▲18億、純資産13億)を会社分割により承継することを決議した。

KNT-CTホールディングスは事業構造改革の一環として、KNTおよび KNT個人を首都圏および関東地区の地域旅行会社等に再編するが、KNTおよび KNT 個人は、従来宿泊機関、交通機関等外部の機関に対する当社グループ各社の債権・債務を集約し、精算する業務を担ってきた。

本会社分割は、来年4月以降この業務を当社が担うため、両社の資産・負債のうち、グループ各社に関わるものを当社に集約するものである。

KNTからの譲受資産は、27,779百万円。負債は27,528百万円。

KNT個人方の譲受資産は、7,661百万円、負債は7,661百万円。

吸収分割予定日は、平成30年4月1日。