富士通は、連結子会社でソフトウエアやシステム開発を手がける富士通ビー・エス・シー(BSC、東京都港区。売上320億円、営業利益14億1000万円、純資産160億円)を株式交換により完全子会社化することを決議した。現在56.44%を保有している。経営資源の再配置と事業効率化が目的。

株式交換比率は富士通:富士通ビー・エス・シー=1:163で、BSCの普通株式1株に対して富士通の普通株式1.63株を割り当て交付する。株式交換実施予定日は2018年2月1日。BSCは201 年1月29日付で上場廃止となる。