東レ及び三井物産(以下、「公開買付者ら」)は、香料の製造・販売等を行う曽田香料(以下、「対象者」)の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。

対象者グループは、対象者及びその子会社7社より構成されており、創業以来、総合香料メーカーとして、「香料を中心とする各種製品の開発と生産を進め、これを顧客に販売することを通じて、社会に奉仕する」を基本理念に、あらゆる香料の研究開発に取り組み、調合香料及び合成香料・ケミカル製品の 製造及び販売を行ってきた。

対象者は、国内香料市場では成熟化、競合他社との競争激化等により厳しい状況が続いていること、及び対象者の持続的な成長の観点からASEAN地域等海外成長市場への展開が急務であることを踏まえると、中長期的な視点での対象者の企業価値を更に高めていくためには非上場化した上で公開買付者らとの間でより一層踏み込んだ連携をとることが不可欠であるとの結論に至った。

公開買付価格は1株あたり1,140円。

買付予定数及び上限を3,494,981株(買付け株券等所有割合:100%)。

買付け期間は、平成29年8月8日から平成29年9月20日。

買付け代金は、39億円。

なお、対象者株式は本取引において上限が設定されていないため、上場廃止となる可能性もある。