M&A速報

ゴールドウイン<8111>、WOOLRICH INTERNATIONALの少数株主持分を取得

2017/07/10

スポーツウエアメーカーのゴールドウインは、アメリカ最古のアウトドアブランドであるWOOLRICHグループのWOOLRICH INTERNATIONALの少数株主持分を取得し、持分法適用関連会社化することを決議した。

ゴールドウインは中期経営計画の重点課題として海外事業の強化を掲げており、WOOLRICH INTERNATIONALの少数株主持分を取得することにより、ゴールドウインが展開するグローバル事業に参画する。

株式取得価額は41億円。

譲渡実行予定日は平成29年7月31日。

関連の記事

工場新設でクモの糸を大量生産! スパイバーの躍進が始まるか?

工場新設でクモの糸を大量生産! スパイバーの躍進が始まるか?

2018/12/16

慶応大学発のベンチャー企業で、人工クモの糸の工業化を推進するスパイバーが、クールジャパン機構などを引受先とする第三者割当増資を実施。50億円を調達しました。調達した資金で対に大型工場を新設。現在の100倍規模となる大量生産に布石を打ちます。

平昌五輪いよいよ…関連銘柄を総点検すると

平昌五輪いよいよ…関連銘柄を総点検すると

2018/01/20

平昌五輪の開幕が2月9日に迫ってきた。フィギアスケートの羽生結弦選手、ジャンプの高梨沙羅選手ら日本選手の活躍に期待が高まる中、株式市場では選手の所属先企業やスポーツ用品メーカーなど関連銘柄が改めて注目されそうだ。平昌五輪銘柄を総点検すると…。

東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A

東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A

2017/09/06

サッカーワールドカップのアジア最終予選において日本がオーストラリアに勝利し、6大会連続で6度目となるワールドカップ出場が決定した。これを好感した影響もあり、アシックス<7936>などスポーツ関連銘柄は軒並み堅調。ゼビオ<8281>は年初来高値を更新した。2020年には東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界においてもM&Aが盛んに行われている。

M&A速報検索

クリア