エレクトロニクス製品・ブレーキ製品等を展開する日清紡ホールディングスは、取締役会において同社を株式交換完全親会社とし、船舶用・防衛関連事業を展開する日本無線(売上高:1429億円、営業利益:△54億円、純資産:773億円)との間で株式交換を実施することを決議した。

日清紡ホールディングスは日本無線の発行済株式総数の61.81%を保有しているが、本取引により日本無線を完全子会社とした。本取引により、両社の一体的な事業運営を強化し、成長戦略の遂行及びコスト構造改革を加速させ、伏せてガバナンスレベルの向上を図る。

交換比率は日清紡ホールディングス:日本無線=1:1.28。

株式交換価額:192億円。

株式交換契約締結日は平成29年5月15日。

日本無線の普通株式は、株式会社東京証券取引所市場第一部において2017年9月27日に上場廃止となる予定。