日清紡ホールディングスは、傘下の日本無線を株式交換により完全子会社化すると発表した。株式交換実施予定日は2017年10月2日。日本無線は9月27日に上場廃止となる。

日清紡ホールディングスは2010年12月にTOB(株式公開買い付け)により日本無線を連結子会社化。同社をエレクトロニクス事業グループにおける中核的存在に据えている。今回、完全子会社化することで経営資源を共有し、先進運転支援システム(ADAS)など超スマート関連ビジネスの拡充を図るほか、グローバルレベルでの構造改革の加速を図る。

株式交換比率は日清紡ホールディングス1:日本無線1.28で、日本無線の株式1株に対して日清紡ホールディングスの1.28株を割り当てる。