情報端末向け高密度プリント配線板等を開発するイビデン()は、自動車部品サプライヤーのデンソーとの間で資本業務提携契約を締結し、同社に対する第三者割当による自己株式の処分を行うことを決議した。

イビデンとデンソーは本業務提携によって、自動車昨日製品、将来モビリティ製品、その他次世代製品の共同研究開発を行う予定であり、その過程で業務提携の効果を最大にするためには、デンソーがイビデンの株式を一定数保有し、長期的なパートナーシップを構築することが重要であると判断し、イビデンはデンソーを割当先として第三者割当によって自己株式を処分する。

処分する株式数は6,825,900株(議決権割合5.52%)。

資金調達額は119億円。

払込期日は平成29年5月17日。