新日本科学は、米子会社で臨床試験の受託を手がけるSNBL Clinical Pharmacology Center, Inc.(メリーランド州)の株式の一部を 中国の研究開発支援会社のPharmaron Beijing Limited Co.,Ltd.(北京市)へ譲渡すること、SNBL Clinical Pharmacology Centerによる第三者割当増資の実施を承認することを決議した。株式譲渡と第三者割当増資の実施により、新日本科学の株式所有割合は100%から20.004%に低下する。

新日本科学は米国市場で低分子医薬品の臨床試験分野の事業拡大を目指している。創薬探索の化学合成分野でグローバル製薬企業を顧客に持つPharmaronを合弁パートナーとすることで、SNBL Clinical Pharmacology Centerの事業価値を高めることができると判断した。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日、第三者割当増資実施日は2017年3月10日。