エネルギー事業、情報通信事業を行うTOKAIホールディングスは、CATV事業を行う東京ベイネットワーク(売上高27億円、営業利益1億円、純資産19億円)の株式25.8%を取得し、持分法適用関連会社化することを決議した。

東京ベイネットワークは、東京都江東区、中央区でCATV事業を行っており、このエリアでは人口の増加とともに、東京オリンピック・パラリンピックの競技場、選手村等の建設を契機として当該地域の再整備、活性化が見込まれている。TOKAIホールディングスは東京ベイネットワークの株式を取得することで、営業エリアの拡大や互いのノウハウを生かしたシナジーを生み出すことが可能となり、中長期的な企業価値向上につながると判断した。

株式取得価額は6億円。

譲渡実行予定日は平成29年3月15日。