総合建材卸売事業のJKホールディングスと管工機材、住宅設備機器卸売業橋本総業ホールディングは、共同株式移転の方法により、共同持株会社を設立し経営統合を行うことに向けた基本合意書を締結した。

本経営統合により人材教育や業務の効率化施策の共通化、仕入れの共同化等、両社事業のコラボレーションを積極的に推進し、収益力・コスト競争力の強化を図る。

新たに設立する共同持株会社の株式については、東京証券取引所市場第一部に新規上場申請を行い、上場日は平成29年10月2日を予定している。

また、両社は本株式移転により共同持株会社の完全子会社となるので、共同持株会社の上場に伴い、平成29年9月27日をもって上場廃止となる予定。

本経営統合における株式移転比率は、両社の市場株価も考慮して誠実に協議の上、統合契約書締結までに決定する。