M&A速報

日本板硝子<5202>、2ファンドが引き受け400億円増資

2017/02/02

日本板硝子はジャパン・インダストリアル・ソリューションズ第弐号投資事業有限責任組合、UDS コーポレート・メザニン3号投資事業有限責任組合及び UDS コーポレート・メザニン4号投資事業有限責任組合との間で引受契約書を締結し、第三者割当の方法による総額400億円のA種種類株式を発行する。

日本硝板硝子は、英ピルキントンを買収したことによるのれん償却代の負担など収益性に課題を抱えていた。自己資本を早期に改善し財務基盤を安定化させるため、資本性のある資金調達を実施することが必要かつ適切であると考えている。

A種種類株式の優先配当率は、配当基準日が、2018 年3月31日までは年 4.5%、2018 年4月1日以降 2020 年3月 31日までは年 5.5%、2020 年4月1日以降は年 6.5%に設定され、A種種類株主は普通株主に優先して配当を受け取ることができる。

また A種種類株式には、金銭を対価とする取得条項及び普通株式を対価とする取得請求権が付されている。

A種種類株式には議決権はなく、また、譲渡制限が付されている。

払込期日は2017年3月31日。

関連の記事

【当世・外国人社長事情】三菱ケミカルで初めて誕生、市光工業は3代連続

【当世・外国人社長事情】三菱ケミカルで初めて誕生、市光工業は3代連続

2021/04/14

三菱ケミカルホールディングスで初の外国人社長が4月1日に誕生した。外国人社長には日本的慣行や社内のしがらみにとらわれない大胆な経営改革の実行、グローバル感覚などへの期待が大きいが、その数はほんの一握り。当世・外国人社長事情を垣間見るとー。

富士フイルムだけではない、海外M&Aの「誤算」

富士フイルムだけではない、海外M&Aの「誤算」

2019/11/07

富士フイルムHホールディングスは米ゼロックスの買収を断念した。ゼロックスが買収合意を破棄して1年半にわたり対立が泥沼化していた。日本企業による海外M&Aの“誤算”は枚挙にいとまがない。過去の主な事例をピックアップする。

カルソニックカンセイの「8000億円」大型買収は成功するか?

カルソニックカンセイの「8000億円」大型買収は成功するか?

2018/10/26

自動車部品大手のカルソニックカンセイが欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の自動車部品子会社マニエッティ・マレリを62億ユーロ(約8060億円)で買収することが明らかになった。しかし、その勝算は薄い。なぜか?

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5