東芝は、同社の社内カンパニーであるストレージ&デバイスソリューション社のメモリ事業(売上高8,456億円、営業利益1,100億円)を会社分割により分社化する方針を決定した。

東芝は、ウェスチングハウス社のCB&Iストーン&ウェブスターシャ買収に伴うのれんが数千億円規模にのぼる可能性があるとしており、減損損失の可能性を考慮した場合、2017年3月末までに同社グループの財務体質強化が必要であり、本社分割においても、その資本対策として、外部資本の導入も視野に入れているとのこと。

分割後の新会社については現在未定。

会社分割効力発生日は2017年3月31日。