化学工業メーカーのDICは、化学製品の製造・販売を行う太陽ホールディングス(売上高498億円、営業利益109億円、純資産452億円)の議決権所有割合19.50%を第三者割当により引き受け、持分法適用会社とすることを含む資本業務提携を行うことを決議した。

DICは、同社が長年の歴史で培った基盤技術をベースとした素材開発力と、太陽ホールディングスが有するプリント配線板及びソルダーレジストのサプライチェーンを活用した市場ニーズの把握及びマーケティング力を結集し、全世界規模で両社事業の更なる発展を図ることを目的として、本資本業務提携を行う。

株式取得価額は248億円。

本資本業務提携契約締結日は平成29年1月25日。

第三者割当の払込期日は平成29年2月10日。