M&A速報

DIC<4631>、太陽ホールディングス<4626>を持分法適用会社化

2017/01/25

化学工業メーカーのDICは、化学製品の製造・販売を行う太陽ホールディングス(売上高498億円、営業利益109億円、純資産452億円)の議決権所有割合19.50%を第三者割当により引き受け、持分法適用会社とすることを含む資本業務提携を行うことを決議した。

DICは、同社が長年の歴史で培った基盤技術をベースとした素材開発力と、太陽ホールディングスが有するプリント配線板及びソルダーレジストのサプライチェーンを活用した市場ニーズの把握及びマーケティング力を結集し、全世界規模で両社事業の更なる発展を図ることを目的として、本資本業務提携を行う。

株式取得価額は248億円。

本資本業務提携契約締結日は平成29年1月25日。

第三者割当の払込期日は平成29年2月10日。

関連の記事

【アイカ工業】M&Aを加速 目指すは年商3000億円

【アイカ工業】M&Aを加速 目指すは年商3000億円

2021/03/25

資本提携やM&Aも含め積極的に自己資金を投入する-。この言葉の通りアイカ工業はM&Aを積極化させており、2018年以降の主なM&Aは10件近くに達する。とくに2021年に入ってからは勢いを増しており、この3カ月間に3件のM&Aを適時開示した。

【日本M&A史】グローバル・トップへの道 ブリヂストンのファイアストン買収(10)

【日本M&A史】グローバル・トップへの道 ブリヂストンのファイアストン買収(10)

2021/01/28

1985年のプラザ合意を契機に日本の対外直接投資が急増すると、企業レベルでもグローバル・トップをめざす動きが出始めた。その象徴がブリヂストンによるファイアストン買収(88年)、大日本インキ化学工業による米国サンケミカルの買収(89年)である

冷え込む海外M&A、7月も1ケタの件数にとどまる公算大

冷え込む海外M&A、7月も1ケタの件数にとどまる公算大

2020/07/16

新型コロナの世界的拡大を受けて、日本企業による海外M&Aが冷え込んでいる。7月前半の海外M&Aは4件にとどまり、このままでは6月に続き、7月も月間1ケタの低水準となる見通しだ。2カ月連続で1ケタとなれば、2013年以来7年ぶりだ。

DIC、2022年夏に好循環が到来か|ビジネスパーソンのための占星術

DIC、2022年夏に好循環が到来か|ビジネスパーソンのための占星術

2020/02/23

DICはインキの世界最大手。有機顔料、合成樹脂、電子材料などに展開し、世界有数のファインケミカルメーカーでもある。2019年8月にドイツ化学大手、BASFの顔料事業を1100億円超で買収すると発表した。そんな同社に占星術からスコープする。

【M&Aサマリー8月】72件は8月として過去10年で2番目、1000億円超は「対ユニゾTOB」など2案件

【M&Aサマリー8月】72件は8月として過去10年で2番目、1000億円超は「対ユニゾTOB」など2案件

2019/09/05

東証適時開示ベースで、8月のM&Aは前年同月比14件減の72件となった。前年を下回るのは5月以来の今年2回目。ただ、月別では3月82件、2月77件に続く今年3番目、8月としても過去10年で最高だった昨年に次ぐ2番目の高水準をキープしている。

インキ世界首位の巨人「DIC」が踏み出した大きな一歩とは

インキ世界首位の巨人「DIC」が踏み出した大きな一歩とは

2019/09/02

大手インキメーカーのDICが大きな一歩を踏み出した。同社は2020年末までにドイツの大手化学メーカーBASF社が保有する顔料事業にかかわる欧米などの18社を1162億円で買収する。インキ世界首位の巨人は今、何をしようとしているのだろうか。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5