M&A速報

ヤマトホールディングス<9064>、中国の物流事業を子会社化

2016/12/02

ヤマトホールディングス傘下の香港ヤマト運輸は、中国広州市を本拠地とする国際物流事業の広州威時沛運集団有限公司(連結売上高:74億円。連結営業利益:6億円、以下WTD)に出資することで合意した。

WTDは広州地域で20年以上の歴史を持ち、国際物流サービスを提供する。今回の出資によりWTDが持つ機能を取得することで、ヤマトグループが持つ国際物流に関する機能をさらに強化し、世界各国との越境ECを始めとしたクロスボーダー輸送サービスの提供を目指す。

香港ヤマトが樟樹威馳および広州威馳からWTD持分を4割弱取得。その後、3年以内にヤマトグループが経営権を保有する。

出資金額は非開示。

持分取得予定日は平成29年2月末。

関連の記事

佐川とヤマト、「巣ごもり需要増」で明暗くっきり。その理由とは

佐川とヤマト、「巣ごもり需要増」で明暗くっきり。その理由とは

2021/01/18

新型コロナ感染症(COVID-19)の拡大にもかかわらず、売り上げが好調な宅配(デリバリー)業界。しかし「佐川急便」のSGホールディングスと「宅急便」のヤマトホールディングスの業界大手2社で明暗は分かれた。その背景にアマゾンがあった。

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

2018/03/15

日本通運がM&Aで新分野に挑戦している。国内最大手の日通も成長市場の宅配便で惨敗し、自社が得意とする法人輸送も国内外の物流会社から「侵略」を受けている。日進月歩の物流業界で生き残り、競合他社を出し抜くにはスピードが必要。そのためのM&Aなのだ。

日本郵便は物流事業での安定成長がカギ|ビジネスパーソンのための占星術

日本郵便は物流事業での安定成長がカギ|ビジネスパーソンのための占星術

2018/01/16

ジリ貧の物流事業から脱し、投資信託の販売などに急傾斜する日本郵便。一時野村不動産との買収交渉を行うなど、迷走を続けていました。しかしながら、今は本業の物流・郵便事業に注力した方が良いとの兆候が出ています。競合会社とともに読み解きます。

【特報】ヤマト再配達の削減等の改革は、利益率悪化と財務体質悪化が主原因か

【特報】ヤマト再配達の削減等の改革は、利益率悪化と財務体質悪化が主原因か

2017/03/24

ヤマト運輸が再配達を見直し、4月下旬から指定時間帯の変更などを実施するそうです。ヤマトの財務体質をみてみましょう。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5