ふくおかフィナンシャルグループは、SOMPOホールディングス<8630>傘下の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(東京都新宿区)と資本業務提携契約を締結したと発表した。損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が、ふくおかFG傘下のiBankマーケティング(福岡市)の実施する第三者割当増資を引き受け、株式の8.3%相当を取得する予定。取得価額、取得予定日は非公表。

ふくおかFGは2016年4月に金融サービスプラットフォーム「iBank」を立ち上げ、同年7月にはiBankマーケティングがスマートフォン専用アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」をリリースした。今後は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が展開する健康関連サービス「Linkx(リンククロス)」と連携し、健康サービス分野で互いのネットワークを活用する予定。