カレー専門店「カレーハウス CoCo壱番屋」の店舗運営及びフランチャイズ展開、その他の飲食事業などを展開する壱番屋(愛知県)は、同社の親会社であるハウス食品グループ本社(大阪府)の孫会社で、カレーハウスCoCo壱番屋の店舗運営を行う中国法人3社(北京・上海・広州、所有割合0%・11.1%・0%)の全株式の取得及びハウス食品グループ本社の子会社で同事業を展開する台湾法人(台湾、所有割合20%)の株式80%を取得し、壱番屋の子会社とすることについて決議した。

壱番屋は、今回子会社化する4社を現状のまま、ハウス食品グループにて外食事業のマネジメントを行うよりも、外食産業を本業とする壱番屋が直接マネジメントを行うことが同社を含むハウス食品グループにとって利益となるだけでなく、壱番屋の海外CoCo壱番屋事業における事業拡大という方針に沿うものであり、壱番屋の利益にも適うものと判断したとしている。

株式取得価額は合計約12億円。

株式譲渡完了予定日は平成28年12月。