M&A速報

新生銀行<8303>、連結子会社昭和リースを株式交換により完全子会社化

2016/09/21

新生銀行(東京都、売上高3757億円、当期純利益609億円、純資産7931億円、所有割合96.98%)および連結子会社で、リース業を行う昭和リース(東京都、売上高1046億円、営業利益52億円、純資産1012億円)は、新生銀行を株式交換完全親会社、昭和リースを株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決議し、株式交換契約を締結した。

新生銀行は、昭和リースを完全子会社とすることで、グループ経営の意思決定をより迅速かつ機動的に行う体制を整え、グループ融合を迅速に進めることにより、革新的金融イノベーターを目指して新生銀行グループの企業価値の最大化を図っていくとしている。

本株式交換の効力発生予定日は平成28年12月1日。

株式交換比率は新生銀行:昭和リース=1:2.17。

関連の記事

【6月M&Aサマリー】過去10年で最多の55件も、コロナで「国内回帰・小型化」鮮明

【6月M&Aサマリー】過去10年で最多の55件も、コロナで「国内回帰・小型化」鮮明

2020/07/02

6月のM&Aは前年同月比8件増の55件だった。6月として過去10年間で最多。ただ、海外案件は9件と2018年6月以来2年ぶりに1ケタにとどまり、国内回帰の構図が鮮明に。案件の小型化も顕著で、新型コロナ感染による慎重姿勢の広がりがうかがえる。

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018/05/12

副業を希望する人材と企業をつなげるシューマツワーカーが、事業拡大資金として4000万円の調達に成功したのをはじめ、今、世間から熱い注目を集めている副業市場。「副業元年」と呼ぶべき2018年になって副業解禁した大手企業を紹介する。

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017/12/27

2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。

「山一証券」廃業から20年。金融版図は一変した

「山一証券」廃業から20年。金融版図は一変した

2017/11/24

山一証券が破たんして今日で20年になる。1997年11月24日、自主廃業の届けを出し、四大証券の一角が崩れた。この1週間前には北海道拓殖銀行が行き詰まり、都市銀行として初めて破たんした。「悪夢の一カ月」を経て、業界版図は一気に塗り替えられることになった。

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

2015/09/30

M&Aを実行するときに失敗を想像する経営者はいないはず。しかし、買収時の想定に反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。失敗から学ぶため、その一部を見てみよう。

M&A速報検索

クリア