オートバックスグループ店舗のフランチャイズ本部としてカー用品の卸売及び小売、車検・整備、車両買取・販売、板金・塗装等を行うオートバックスセブン(東京都)は、タイヤの卸売、自動車整備用什器の製作・販売などをマレーシア国内で展開するKit Loongグループと資本・業務提携することで合意し、調印したことを発表した。

オートバックスグループは、アセアン地域において、シンガポール3店舗、タイ8店舗、マレーシア5店舗、インドネシア2店舗を出店しており、経済の成長が著しく、自動車の普及が進むマレーシアにおいて同国最大規模で事業を展開するKit Loongグループと提携し、さらなる事業拡大を目指すとしている。

オートバックスセブンは、タイヤの卸売、直営店2店舗、販売先80店舗のマーケティングと管理を行うKit Loong Tayaria Sdn. Bhd.(マレーシア)の株式20.00%を取得し、同社からマレーシア国内のオートバックス店舗に対する商品の供給や、同社に対するカーアクセサリーやカーパーツ関連商品の供給について事業提携を行うとしている。