関東圏を中心として書店を全国に展開し、従来の書籍・雑誌専門店に加え、アニメ関連商品に特化した「アニメガ」の出店や既存書店への文具・雑貨導入などを積極的に推進する文教堂グループホールディングス(神奈川県、売上高333億円、営業利益△3億円、純資産7億円、以下文教堂)は、書籍・雑誌等の国内最大出版販売会社として国内外の書店等に幅広く供給、商材・業態を提案しリノベーションを行う日本出版販売(東京都、以下日版)との間で業務提携契約の締結を行うことを決議した。

文教堂及び日版は、本業である書籍・雑誌の販売をより効率的に行い、業容の拡大と収益の向上を目指すため、強固な協力関係を構築することが不可欠であると判断した。なお、文教堂は、従来の大日本印刷と提携関係にあったhonto 事業への協力体制も維持し、同事業における日販との取り組み関係強化にも積極的に関与していくとしている。

業務提携契約締結日は平成28年9月13日。

業務提携の内容は、書籍・雑誌の販売をより効果的に行うために文具・雑貨をはじめとする複合商品の共同研究を進め、経営効率に優れた書店モデルを造るなど新企画の開発を行う等の協力体制を構築することによって、両社の発展に寄与することを目的としている。