富士通は、トヨタ自動車とデンソーと共同出資するカーエレクトロニクスメーカーの富士通テン(神戸市)の資本構成の変更について検討を始めることで合意した。

現在の保有比率は富士通が55%で、トヨタ35%、デンソー10%だが、デンソーが51%、富士通14%、トヨタ35%とする。

デンソーは高度運転支援・自動運転技術、電子基盤技術の開発で富士通テンとの協力関係を強化し、富士通はデンソーと富士通テンとの連携を強めることで自動車ビジネスやモビリティーIoTビジネスの強化を図る。

契約締結予定日は2016年度内。