東海東京証券を中心に国内14社、海外5社からなる東海東京フィナンシャル・グループの持株会社である東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東京都、東海東京FH)は、愛知県を地盤とする丸八証券(愛知県)を連結子会社に持ち、関西を基盤として、国内12店舗を展開するエース証券(大阪府)の株式を、同社主要株主であるケイアイ(保有割合16.65%)及びAOKIホールディングス(神奈川県、保有割合12.54%)から譲り受け、29.20%を取得し、持分法適用関連会社とした。

東海東京FHは、エース証券との親密な関係のもと、互いの特長・強みを活かすとともにビジネス上の連携も深め、業容や事業基盤のさらなる拡大を通じて、良きパートナとしての関係を構築することにより、互いの企業価値の向上に努めていくとしている。

株式譲渡実行日は平成28年9月5日。