M&A速報

ヤマトホールディングス<9064>、サイアム・セメント・グループとタイ国内宅急便サービスの合弁会社設立へ

2016/08/25

ヤマトホールディングス(東京都)は、同社傘下で東南アジア地域統括会社のYAMATO ASIA PTE. LTD.(シンガポール、以下ヤマトアジア)とセメント建築資材、化学、梱包材、流通・物流事業を展開する複合企業グループのサイアム・セメント・グループ(タイ、以下SCG)傘下のSCG Cement-Building Materials Co., Ltd.(タイ)は、タイ国内で宅急便サービスを提供するための合弁会社の設立に向け基本合意した。

ヤマトホールディングスは、両社でタイ国内での宅急便サービスを提供する合弁会社の設立に合意し、小口配送ネットワークを拡大していくことで、法人・個人の双方にとって最適な物流を提供し、より便利で快適な社会の実現に貢献していくとしており、SCGのタイ国内でのB2B全国配送ネットワークに、ヤマトグループが日本で培った宅急便のノウハウを融合させ、タイ国内での事業展開を進めていく。

資本金は18億円。出資比率はSCG Cement-Building Materials Co., Ltd.が65%(12億円)、ヤマトアジアが35%(6億円)。

合弁会社設立予定日は平成28年10月。

合弁会社事業開始予定日は平成29年1月。

関連の記事

佐川とヤマト、「巣ごもり需要増」で明暗くっきり。その理由とは

佐川とヤマト、「巣ごもり需要増」で明暗くっきり。その理由とは

2021/01/18

新型コロナ感染症(COVID-19)の拡大にもかかわらず、売り上げが好調な宅配(デリバリー)業界。しかし「佐川急便」のSGホールディングスと「宅急便」のヤマトホールディングスの業界大手2社で明暗は分かれた。その背景にアマゾンがあった。

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

【日本通運】宅配便で惨敗した「物流の雄」の起死回生プランとは

2018/03/15

日本通運がM&Aで新分野に挑戦している。国内最大手の日通も成長市場の宅配便で惨敗し、自社が得意とする法人輸送も国内外の物流会社から「侵略」を受けている。日進月歩の物流業界で生き残り、競合他社を出し抜くにはスピードが必要。そのためのM&Aなのだ。

日本郵便は物流事業での安定成長がカギ|ビジネスパーソンのための占星術

日本郵便は物流事業での安定成長がカギ|ビジネスパーソンのための占星術

2018/01/16

ジリ貧の物流事業から脱し、投資信託の販売などに急傾斜する日本郵便。一時野村不動産との買収交渉を行うなど、迷走を続けていました。しかしながら、今は本業の物流・郵便事業に注力した方が良いとの兆候が出ています。競合会社とともに読み解きます。

【特報】ヤマト再配達の削減等の改革は、利益率悪化と財務体質悪化が主原因か

【特報】ヤマト再配達の削減等の改革は、利益率悪化と財務体質悪化が主原因か

2017/03/24

ヤマト運輸が再配達を見直し、4月下旬から指定時間帯の変更などを実施するそうです。ヤマトの財務体質をみてみましょう。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5