M&A速報

任天堂<7974>、シアトルマリナーズ運営会社の持分の一部を約660億円で売却

2016/08/23

任天堂は米子会社のNintendo of America Inc.(NOA)が、メジャーリーグ球団のシアトルマリナーズを運営する米First Avenue Entertainment LLLPの持分の一部を約664億円で売却すると発表した。メジャーリーグベースボール機構の承認が得られたため正式に発表した。売却により、Nintendo of Americaは球団の筆頭オーナーではなくなる。

シアトル・マリナーズは本拠地のワシントン州から他の地域へ売却される恐れがあったため、1992年12月、同州に子会社を構える任天堂の当時社長、山内博氏個人が地元の要請を受け筆頭オーナーとなった。2004年8月には、山内氏から持分がNOAへ移転され、NOAが球団の筆頭オーナーとなっていた。

関連の記事

次期MacにCPUを提供のARM、実はアップルが設立していた

次期MacにCPUを提供のARM、実はアップルが設立していた

2020/06/24

米アップルが2020年にパーソナルコンピューター「Mac」シリーズのCPUをインテル製からARMアーキテクチャー​の「Apple Silicon」へ切り替える。実は同社とアップルの関係は深い。そもそもARMはアップルが誕生させた会社なのだ。

「パナソニック」はなぜ自動運転つながる技術を持つPUXを非子会社化したのか

「パナソニック」はなぜ自動運転つながる技術を持つPUXを非子会社化したのか

2019/12/08

パナソニックは音声や画像の処理技術を持つ子会社のPUX(大阪市)株式の20.8%をモルフォに譲渡した。 パナソニックは支配権を失い、PUXはパナソニック、任天堂、モルフォの3社による運営となる。

玩具業界の動向から、クリスマスプレゼントの傾向と対策を読み解いてみた

玩具業界の動向から、クリスマスプレゼントの傾向と対策を読み解いてみた

2017/12/24

総務省統計局の家計調査によれば、クリスマスイブに支出が多くなるものの一つが「玩具」。そこで今回は、玩具業界にスポットを当てつつ、2017年のクリスマスプレゼントの傾向と対策を考えてみた。

【今週のピックアップ】話題のゲーム業界のM&A

【今週のピックアップ】話題のゲーム業界のM&A

2016/09/01

ゲームの中での体験をリアル世界に持ってきたことで話題になったポケモンGO。今、ソーシャルアプリやベンチャー企業、ゲーム関連会社への関心が高まっている。今回は、話題のゲーム業界のM&Aをご紹介する。

【企業力分析】任天堂 営業効率・生産効率が急落の10年

【企業力分析】任天堂 営業効率・生産効率が急落の10年

2016/08/31

今回は、ポケモンGOで話題になっている任天堂を分析した。外を歩かなければならないゲーム性などで、ゲームの不健康なひきこもりイメージを打破したスマホゲーム、ポケモンGO。これほど一気に広まったスマホゲームはないと言われている。コダックと聞いて、ポケモンを思い出す人も写真フィルムを思い出す人もどちらにも分かりやすく分析してみた。

M&A速報検索

クリア