トラスト・テックは、中国で人材サービス業を手がける威海市聯橋国際合作集団有限公司(山東省威海市)との合弁出資により現地に人材派遣会社を設立すると発表した。新会社は、山東省聯信智達人力資源有限公司で、設立は10月15日の予定。資本金は約45億2000万円で、聯橋国際合作集団が51%、トラスト・テックが残り49%を出資する。

トラスト・テックはグループの人材派遣・請負事業のノウハウに聯橋国際合作集団が持つ取引先ネットワークと人材採用力を取り入れることで、質の高いサービスの提供を目指すとしている。