セブン&アイ・ホールディングスは、システム開発子会社のセブン&アイ・ネットメディア(東京都千代田区)が株式交換によりニッセンホールディングスを完全子会社化すると発表した。セブン&アイ・ネットメディアは現在ニッセンの株式48.58%を所有する親会社。

ニッセンHDが主力とするカタログ通販事業は、競争激化やコスト増加などにより収益が悪化。そのため、セブン&アイグループに財政・事業両面での経営支援を依頼していた。セブン&アイHDはニッセンHDを完全子会社化し、抜本的な事業構造改革を断行する。

株式交換比率はセブン&アイ・ホールディングス:ニッセンホールディングス=1:0.015(三角株式交換)。株式交換効力発生予定日は11月1日。