皮膚の専門家が作ったメディカルコスメ「ドクターシーラボ」とメディカルエステの「シーズ・ラボ」を運営するシーズ・ホールディングス(東京都)は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(米国、売上高7兆445億円、純資産7兆1527億円)のグループ企業でヘルスケア製品の販売を行うジョンソン・エンド・ジョンソン・Pte.・リミテッド(シンガポール)及び医薬品、消費財、医療機器等の国際事業領域における実行と調整を行うCilag GmbH International(スイス)との間で、資本業務提携を行う旨を決定し、ジョンソン・エンド・ジョンソン・Pte.・リミテッドと協業、ライセンス、譲渡に関する合意書を締結、また、Cilag GmbH Internationalと資本業務提携契約を締結した。

シーズ・ホールディングスは、ジョンソン・エンド・ジョンソン・Pte.・リミテッドが海外における事業拡大を主導することに加え、データを基盤としたマーケティング手法をグループ内に取り込むことによりマーケティング力の強化が期待できること、さらにはジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマー・インクが展開する化粧品ブランドをグループの販路で販売することで、グループのマルチブランドの促進という戦略にも合致し、中長期的な発展と企業価値向上に貢献できるとしている。

資本業務提携契約締結日は平成28年7月11日。