国内外における外食ブランドおよび店舗の運営を行うフード・プラネット(東京都)は、グループ会社株式保有によるグループ戦略立案・推進と事業会社の経営監督を行うレッド・プラネット・ジャパン(東京都、RPJ社)の連結子会社で、飲食事業部門の経営監督を行いマグノリアベーカリーなど国内外ブランド飲食店運営会社11社の株式を保有するレッド・プラネット・フーズ(東京都、以下RPF社)等4社の全株式を取得し、子会社化することについて決議した。

フード・プラネットは、RPF社が北海道を中心に飲食業を展開している収益性のある会社や世界的に著名で特色のある飲食ブランドのアジアを中心とした各国における展開権を保有しており、大きな成長が見込まれる事業資産を持っていることで、日本を含むアジア地域での飲食事業の展開が可能となり、収益基盤の確立ならびに将来的な事業の成長が見込めるとしている。

RPJ社保有株式取得価額は20億円。

RPF社保有少数株式取得価額を合わせると28億円になる予定。

株式譲渡実行日は平成28年6月30日。