GMOインターネットとあおぞら銀行は、あおぞら信託銀行(東京都千代田区)を活用したインターネット専業銀行の共同運営を始めると発表した。6月24日付けで資本・業務提携を結び、GMOインターネットはあおぞら信託銀行が実施する第三者割当増資の引き受けにより議決権ベースで14.9%出資する。

GMOインターネットグループはあおぞら信託銀行に対し、インターネット技術や電子商取引(EC)市場向けサービス、インターネット証券に関するノウハウを提供する。EC市場の決済代行サービスなどの既存事業とインターネット銀行とのシナジー(相乗効果)創出を図り、自社サービスの利便性向上を目指す。

あおぞら信託銀行は約66億円の第三者割当増資を実施する。GMOインターネットの増資引受額は11億6000万円。あおぞら銀行はA種種類株式54億3000万円、B種種類株式2000万円を引き受ける。あおぞら銀行が引き受けた株式は、将来的にGMOインターネットが取得することが可能としている。GMOインターネットがA種種類株式とB種種類株式を取得し普通株式に転換した場合の所有割合は議決権ベースで50.0%となる予定。