NTTドコモは、保有するインドの通信事業者Tata Teleservices Limited(TTSL)の株式譲渡に関し、ロンドン国際仲裁裁判所がTata Sons Limited(タタ・サンズ)側に義務の不履行があったと認め、約1300億円の損害賠償の支払いを命じた、と発表した。

NTTドコモはタタ・サンズに対して、保有するTTSLの全株式を取得価格50%(約1300億円)または公正価値のいずれか高い価格で売却できる買い手の仲介をタタ・サンズに要求する権利を行使していたが、タタ・サンズによる義務の履行がなく仲裁の申し立てを行っていた。