M&A速報

アース製薬<4985>と大幸薬品<4574>、資本業務提携へ

2016/06/06

アース製薬(東京都、売上高1597億円、営業利益40億円、純資産489億円)は、大幸薬品(大阪府、売上高83億円、営業利益13億円、純資産131億円)との資本業務提携に向けた基本合意書を締結した。なお、アース製薬は、資本提携として大幸薬品の実施する第三者割当の方法により株式5.78%を引き受ける。

アース製薬は、様々なウイルス感染症の脅威から、感染予防と衛生管理に対する関心と需要が高まっており、大幸薬品が保有する感染管理事業に関する特許技術等を高く評価している。また、二酸化塩素を用いた物体・空間除菌の重要性と、蚊の忌避効果等の新たな可能性を両者で共有しており、製品の共同開発やマーケティングの協働などを積極的に推進することで、市場の活性化や新市場の創出が期待できるとしている。

払込総額は非公表。

資本業務提携契約の締結予定日は平成28年7月上旬。

払込予定期日は平成28年7月下旬。

関連の記事

空間除菌の「クレベリン」ブーム、新型コロナ禍よりも早く終息か

空間除菌の「クレベリン」ブーム、新型コロナ禍よりも早く終息か

2021/05/14

新型コロナウイルス感染症の感染拡大でヒット商品となった、大幸薬品の空間除菌用品「クレベリン」の販売が伸び悩んでいる。過去最大の感染拡大だった第3波のピークに当たる2021年12月期第1四半期(1〜3月)に急ブレーキがかかったのだ。なぜか?

【フマキラー】コロナ禍の中、好業績を背景に9年ぶりのM&A

【フマキラー】コロナ禍の中、好業績を背景に9年ぶりのM&A

2021/02/11

殺虫剤3位のフマキラーが、およそ9年ぶりにM&Aに乗り出した。同社はスイスの農薬・種苗大手シンジェンタの日本法人であるシンジェンタジャパン(東京都中央区)からフラワー事業(種子、挿し穂など)を取得すると2021年2月1日に発表した。

【アース製薬株式会社】「地球を、キモチいい家に。」 は 実現できるか

【アース製薬株式会社】「地球を、キモチいい家に。」 は 実現できるか

2017/07/20

『ごきぶりホイホイ』や『アースノーマット』、『モンダミン』等で有名なアース製薬は、殺虫剤などの衛生薬品の製造・販売を行い、フマキラー、エステー、小林製薬とともに日本を代表する日用品メーカーである。大塚製薬の傘下に入り、最近は国内外の企業とのM&Aや業務資本提携を積極的に進め海外展開を図る。株価もヒアリ特需が追い風となり右肩上がりだ。

【意外な子会社 】アース製薬がツムラのバスクリンを買収(2012年)

【意外な子会社 】アース製薬がツムラのバスクリンを買収(2012年)

2017/04/20

入浴剤で有名なバスクリン。2012年にアース製薬がツムラからバスクリンを買収。当時、老舗企業による老舗企業のM&Aと注目を集めた。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5