アース製薬(東京都、売上高1597億円、営業利益40億円、純資産489億円)は、大幸薬品(大阪府、売上高83億円、営業利益13億円、純資産131億円)との資本業務提携に向けた基本合意書を締結した。なお、アース製薬は、資本提携として大幸薬品の実施する第三者割当の方法により株式5.78%を引き受ける。

アース製薬は、様々なウイルス感染症の脅威から、感染予防と衛生管理に対する関心と需要が高まっており、大幸薬品が保有する感染管理事業に関する特許技術等を高く評価している。また、二酸化塩素を用いた物体・空間除菌の重要性と、蚊の忌避効果等の新たな可能性を両者で共有しており、製品の共同開発やマーケティングの協働などを積極的に推進することで、市場の活性化や新市場の創出が期待できるとしている。

払込総額は非公表。

資本業務提携契約の締結予定日は平成28年7月上旬。

払込予定期日は平成28年7月下旬。