紙、不織布およびパルプほか材料の製造、加工、輸出入販売を行う巴川製紙所(東京都)は、持分法適用関連会社である絶縁紙製造販売会社のAura Paper Industries(India)Pvt. Ltd(インド、所有割合49.0%、以下Aura社)株式を追加取得(取得後の所有割合は60.0%)し、連結子会社化した。

巴川製紙所は、Aura社の製造する絶縁紙の品質安定化、生産性の向上、販売促進支援、経営体制の強化を同社主導で進めることにより、拡大するインド絶縁紙市場において、市場ニーズにあった競争力のある絶縁紙製品を現地で生産販売しインドにおける絶縁紙事業の確立を図るとともに、インドを製造拠点として成長が見込まれる東南アジア市場向け絶縁紙事業の早期立上げの実現を進めるとしている。

株式取得価額は1億円。

株式取得日は平成28年3月30日。