日立製作所(東京都、以下日立)は、連結子会社で総合物流サービス業を行う日立物流(東京都、売上高6785億円、営業利益214億円、純資産1848億円、所有割合59.02%)の日立が保有する株式の一部をSGホールディングス(京都府、純資産2075億円)に譲渡する契約を締結した。なお、株式譲渡後の日立物流に対する日立の議決権所有割合は30.01%となり、同社は日立の連結子会社から持分法適用会社となる。

日立は、本株式譲渡で得た資金を活用し、社会イノベーション事業のグローバル展開をさらに加速させるとしている。なお、本譲渡により日立物流は、SGホールディングスおよび佐川急便と資本業務提携を行う。

株式譲渡価額は875億円。なお、特別利益として、関係会社株式売却益約860億円を計上する予定。

株式譲渡実行日は平成28年5月19日。