エイベックス・グループ・ホールディングスは、デジタル事業子会社のエイベックス・デジタル(東京都港区)が音楽・映像配信事業のUULA(東京都港区)の株式をすべて取得することを決議した。

UULAは音楽・映像の定額サービスを中心としたエンタテインメント総合サービス「UULA」を共同展開するため、2012年にソフトバンクグループと合弁会社で設立した。株式の所有割合はエイベックス・デジタルが60%、ソフトバンクグループが40%。今回共同事業の解消に伴い、ソフトバンクグループ保有分を取得することで合意した。

取得価額は非公表。取得予定日は2016年3月31日。