トヨタ自動車は、連結子会社(所有割合51.32%)のダイハツ工業(大阪府池田市。売上高1兆8170億円、営業利益1100億円、純資産7510億円)を株式交換により完全子会社化することを決議した。ダイハツは小型車領域を中心にトヨタグループの経営戦略で中心的な役割を担うことになるという。

株式交換比率はトヨタ自動車:ダイハツ工業=1:0.26で、ダイハツ工業の普通株式1株に対してトヨタ自動車の普通株式0.26株を割り当てる。

株式交換効力発生予定日は2016年8月1日。ダイハツは上場廃止となる見込み。